クエスト:「無職転生」初級冒険者におすすめの異世界ライトノベル(2回目クエスト以降推奨)

4.5
無職転生1巻 おすすめクエスト

初級冒険者におすすめできるクエストですよ。

ギルド職員としても、一友人として勧める場合には、上位ランクに入ります。

無職転生」は、下記にあてはまる冒険者にはぜひ読んでもらいたい魔導書(ライトノベル)の一つです。

これを読んでスキルとレベルをアップしちゃいましょう!

※やや変態度も上がるかもしれません。。

魔導書(ライトノベル)の2回戦以降(デビュー戦でも可)

変態チックな主人公視点耐性がある

完結したライトノベルが読みたい

基本的な世界観はおさえつつ、ちょっと変わったストーリを楽しみたい。

スポンサーリンク

ギルド職員のおすすめポイント

受付のキャサリンです。

ある程度の冒険はこなしてきましたか?

こなしすぎてる中級冒険者さんには、物足りないかもしれませんが、

根強い人気がある魔導書ですから、中級以上でも十分楽しめるクエストです。

初級冒険者2回目のクエスト以上を推奨してます。

人間味のある(ちょっとお下品な)主人公視点でのクエストになりますから、

初回よりは2回目をおすすめしてます。

ただ、デビュー戦でも相性がよければ、とてもおすすめできまよ。

あなたが異性に求める魅力は何ですか?

あまり、じろじろ見ないほうがいいですよ?

視線って、相手にわりとばれちゃうものですよ?

あれ、違いました?

私の事見てるのかと思ってしまいした。てへ。

初級冒険者さん、2回目以降のクエストにおすすめなのは、、、

「無職転生」です。

主人公のアクの強さ!

もともと見た目がそんなでもないオタクな主人公が、

異世界転生した人生が魔導書として顕現したものですね。

転生後は、見た目麗しく、内面はゲスな感じで進んできます。

表に出るゲスさは、程よく、なんだかんだでハートフルなところは好感がもてますね。

ゲスさとハートフルさが絶妙。

家庭教師のぱ・・・をご神体とする設定は、

物語の中核をなすといっても過言ではありません。(女性視点では、サイテーですが)

異性に求めるこだわりが、なかなかチーズのように癖があり、

面白味を加えている感じですね。

父親のパウロを大人びた視点でみつつ、だめなとこ良いところを踏まえ

お互いに成長していく点も、ゲスだけじゃないハートフルなストーリーですね。

人とのかかわり

彼のまわりにいいひと達が多く、残酷な感じはあまりありません。

一度にでてくる人物もそこまで多くなく、

一人一人とのかかわりをゆっくりと描いているので、

とっぴなこともなく、すんなり魔導書になじむことができるでしょう。

初級冒険者のうちは、でてくる人物が多すぎてこまる!

という方もいらっしゃるので、その辺の心配は少ないですね。

見どころ

・幼馴染は永遠に

冒頭、年少時にかかわる幼馴染との関係が伏線となって、のちに回収されるんでけど、幼馴染の人生と主人公の人生が交わるとき、また新たなドラマが!

・変態のまわりには、変態があつまる。

変態の主人公のもとには、すこしかわった経歴の人々があつまり、とがった人物たちとのドタバタ劇が、人生に厚みをくわえている。とおもう。たぶん。

注意点

個人的には、特に問題なく楽しめた魔導書ですが、

冒険者さんによっては、クエスト酔いすることもあるみたいです。

おもに、ややゲス視点で。

そこまでゲスではないので、ほどよい冒険者生活を。

ちょいエロ苦手な冒険者さんは、違う魔導書をおすすめします

魔導書でレベルアップした冒険者の口コミ

実際にどんな口コミがあるのか、きになりますよね。

ギルド職員が、魔導書にかんして調査してきましたよ。

ちょっとクエスト酔いした人たち

無職転生。
トラックにひかれて現実の世界から異世界転生。よくある設定ですね。主人公の性格も最悪で、初めは本当に読む気が失せました。

しかし、この物語は素晴らしいと思います。だんだんとわかってきました。
最後まで読んだ人にしかこの感動は伝わらないと感じています。

主人公の性格も捨てたもんじゃない。読んでから徐々に思えてきました。

やっぱ異世界転生物語は面白いなぁ。
特にこの物語は大好きです。
自分の中の登場人物のイメージが定まっていて、アニメやら漫画やらを見る気が失せていますが、、、

なろう

よいクエスト経験ができた人たち

 ただの異世界無双ファンタジーだと思って読み始めたが、そうではなかった。
 これは異世界ファンタジーの舞台を借りた人生やり直し物語。
 何が人生物かと言えば、幼き日の淡い思い出、子供時代の冒険譚、学園での青春、大人として責任を背負う冒険、勝算が僅かでも家長として家族を守る為に戦い、政争と陰謀蠢く渦中を潜り、家庭の事で悩み、子育てに苦心し、上司に従って大仕事に挑む、といった子供~大人への周囲の環境の変化、自身の立場と責任の変化をちゃんと描いている事。そして年老いて死ぬまでを書き切っているところを最も評価したい。ここを書かなければ、ただの異世界転生物でしかなかった。
 主人公は努めて明るく振舞っているが、作品は人生の難しさや生き難さ、ままならなさ、人間関係の難しさを描いている。所詮ニートでしかなかった男がコミュ能力やメンタルの弱さを、いかに克服していったのかの苦難の人生が描かれている。

なろう

最近眼精疲労がひどくなって、仕事以外でできるだけ活字を読むのを避けていたのだけれど、WEBの小説をコンピューターに朗読させて聞くという方法を見つけ、「小説家になろう」の作品を手あたり次第に聞いていったのだけれど、累計ランキング1位のこの作品はさすがにとても面白かった。

「小説家になろう」サイトのメインジャンルでもある転生系小説群が全体として、一種の神話体系をかたちづくっているのだけれど、これもそうした作品の一つであり、
「転生により生後すぐに『目的意識』に目覚め、自己鍛錬にはげんだ結果、早期の訓練でなければ身につかない能力を開花させる」という、「神話素?」を用いている。

「転生」に関して、この小説はもう一つ、「転生前は努力が足りず、ろくな人生を歩めなかったが、転生後はその反省で努力を怠らなくなる」という「神話素?」を用いているが、逆に言えばこの作品で転生が大きく絡むのはそれくらいで、ゲーム的な要素を可能な限り排していることもあって、古典的なファンタジーの英雄譚としての風格を備えている。自立した神話としての世界観の完成度も高い。

基本的にアマチュアの投稿サイトである、「小説家になろう」の作品群の中で、この作品が明らかに飛びぬけているもう一つの理由は、長大な作品の中に、意図的にターニングポイントをいくつか設定し、大きな枠組みとしてのドラマチックな構成に成功していることにある。

また超越的な能力を備えることになった主人公が巻き込まれる災厄や、それが立ち向かわざるを得なくなる強大な敵の配置もたくみで、全体的な世界観の設定をうまく生かしている。

もう一つ特徴的なのは、東日本大震災の際に多くの日本人が経験したリアリティを作品に生かしていることである。そのことさえも、この作品がこの時代の集合的な無意識を反映していることの一つの証左にすぎないというくらい、この作品と現代という時代とのつながりを語り始めたらきりがないというほど、優れた作品だと僕は考えている。

honto

冒頭の紹介

魔導書の冒頭は、こんな感じです

34歳職歴無し住所不定無職童貞のニートは、ある日家を追い出され、人生を後悔している間にトラックに轢かれて死んでしまう。目覚めた時、彼は赤ん坊になっていた。どうやら異世界に転生したらしい。
 彼は誓う、今度こそ本気だして後悔しない人生を送ると。

まとめ

変態としてのクエスト始めますか?

異世界ゲートでのクエスト受注を受け付けましたので、

魔導書を手に入れて、安全安心な冒険をしてきてくださいね。

冒険が終わったら報告おねがいしますよ♪

変態レベルがあがってることをお祈り申し上げます。

では、幸運の女神があなたに微笑みますように♪

「よろずや」からの宣伝

下記、画像クリックで「honto」で魔導書が購入できるぞい。

【紹介】

事故死した34歳無職の男。目覚めればそこは剣と魔法の異世界! 赤ん坊として生まれ変わった彼は、今度こそ後悔なき人生を送ろうと決意する。前世の知識を活かし、魔術の才能を開花させた彼の新たな人生とは!?

【行先】無職転生

ギルド「なろう小説」なら、下記からじゃな。

無職転生(なろう

コメント

タイトルとURLをコピーしました